/

この記事は会員限定です

神奈川県鎌倉市、ゴミ減量作戦 市民参加促す

潜望展望

[有料会員限定]

神奈川県鎌倉市が3年後の焼却施設の稼働停止を背景にゴミの減量作戦に取り組んでいる。ゴミの再利用を目的に、燃料としての実証実験を実施したのに続き、テーブル、イスなどの製品化につなげる研究拠点も開設した。今後は市民の行動変容を促す取り組みが急がれる。

市は環境面とコストを理由に2025年3月、老朽化した市内唯一の焼却施設「名越クリーンセンター」の稼働を停止することを決めている。停止後は隣接する逗子市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1031文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン