/

この記事は会員限定です

バスの貨客混載、長野で活発 上田市や松本市など

信越トピックス

[有料会員限定]

長野県内でバスを使って人と荷物を運ぶ貨客混載が広がっている。上田市などは千曲バス(佐久市)の高速バスを活用し、地元の新鮮な野菜や果物を首都圏や海外の飲食店に届けている。松本市ではアルピコ交通(松本市)が路線バスでヤマト運輸の荷物の輸送を手伝う。人口減や新型コロナウイルス禍で地方のバス需要が減るなか、地域交通の新たな価値発見につながりそうだ。

上田市は鮮度保持の機器開発を手掛けるDENBA JAP...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1083文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン