/

茨城県、感染拡大市町村に5市町追加 大洗や水戸は延長

茨城県の大井川和彦知事は3日、県が独自に指定している新型コロナウイルスの感染拡大市町村に結城市、龍ケ崎市、つくば市、八千代町、利根町の5市町を追加すると発表した。期間は6~19日。水戸市、古河市、大洗町の3市町は指定期間を12日までと1週間延長する。

大井川知事は観光地である大洗町の感染拡大に懸念を表明した(3日、茨城県庁)

かすみがうら市、城里町、阿見町の3市町の指定は5日までで解除する。6日以降の感染拡大市町村は17市町となる。県は人口1万人当たりの新規感染者が直近1週間で1.5人を超えた市町村を対象に、不要不急の外出自粛と飲食店の営業時間短縮を求めている。時短要請に応じた飲食店には売上高に応じ、1日2.5万~7.5万円の協力金を支払う。

知事は3日の記者会見で県内の新規感染者はやや減少しているとしつつ「連休中で検査数も減っている」と指摘。観光地の大洗町で1万人当たりの新規感染者が11人台に達していることに懸念を表明した。「昨年の大型連休より多くの人が移動しており、徹底した対策をとれていない可能性がある」とも述べた。

県は4月末、緊急事態宣言に次ぐ措置を取れる「まん延防止等重点措置」の適用を国に要請した。知事は「対策会議での議論の結果を見守るしかない」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン