/

この記事は会員限定です

フィルム状の極薄センサー、印刷機で量産 太陽機械

[有料会員限定]

山形県寒河江市に国内主力工場を構える印刷機器メーカーの太陽機械製作所(東京・大田)がフィルム状の極薄センサー回路を印刷機で量産する技術を開発した。あらゆるモノがネットにつながるIoT時代を迎え、需要の急拡大が見込める低価格センシングデバイスとしての実用化を目指す。

一般的にセンサー回路はセラミック基板と金属で作るが、太陽機械は厚さ0.05ミリメートルの樹脂フィルムに、導電性が高くて速乾性もある銀...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り955文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません