/

この記事は会員限定です

帳簿の電子保存にシステム対応 北陸でインテックなど

[有料会員限定]

企業の経理のデジタル化を巡り1月に施行された改正電子帳簿保存法に、北陸のシステム会社が製品対応を急いでいる。電子保存の義務化は2年の準備期間が設けられたものの、法改正の趣旨であるDX(デジタルトランスフォーメーション)による経理の生産性向上は待ったなしだ。各社、使いやすさなど独自戦略で顧客企業の獲得を図る。

法改正では、紙で受領・作成した領収書や請求書などを含む国税関係帳簿書類について、電子保存...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1245文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン