/

この記事は会員限定です

漁業の6次化、北信越では福井県1位 漁師の宿人気

データで読む地域再生 信越・北陸

[有料会員限定]

日本海に面した北陸や新潟県の上越地域は海の幸の宝庫だ。ブリやハタハタなど魚を多く食べるだけでなく、観光資源として積極活用している地域でもある。しかし、全国と同じように漁師やとれる魚の数は減っている。北信越の漁師らは逆風の中でも、高付加価値化につながる漁業の「6次化」に挑んでいる。

魚をとるという1次産業だけでなく、2次産業である製造・加工や3次産業の販売・サービスまで手がける6次化率が19.9%...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1257文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン