/

この記事は会員限定です

車産業のピラミッド、静岡で変化の胎動 異業種連携も

しずおか現在・過去・未来 車産業やらまいか再び㊦

[有料会員限定]

2021年の年の瀬、電動モビリティー(乗り物)を手掛けるスタートアップ企業テラモーターズ(東京・千代田)の上田晃裕社長の携帯電話が鳴った。電話の主は、インドにあるR&D拠点で働く社員。資本提携するクラッチ大手エフ・シー・シー(FCC)の社員を現地に迎え、電動二輪車の開発に向けた決起集会が始まると告げていた。

二輪・四輪車向けクラッチで世界大手のFCCも、電動化による需要減のリスクに直面す

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1626文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン