/

この記事は会員限定です

コンパクトシティーで重要性増す公共交通 岡大准教授

[有料会員限定]

持続可能なまちづくりを目指すコンパクトシティー。全国で住宅や商業施設を集約する「立地適正化計画」を策定する市町村が目立つ一方で、10月の岡山市長選ではコンパクトシティーを掲げる市政を「周辺部の切り捨てだ」と批判する声が出るなど、十分な理解は広がっていない。関連サイトを9月に立ち上げた岡山大学の氏原岳人准教授に、本来の意味合いなどを解説してもらった。

コンパクトシティーはヨーロッパで1990年代ごろ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り978文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン