/

水戸駅前のIT発信拠点22日開設 eスポーツ施設核に

水戸市はIT(情報技術)企業のアプリシエイト(同市)が市の企業立地支援制度を活用し、水戸駅北口にIT発信拠点「AREA310(エリアみと)」を22日開設すると発表した。商業ビル「マイムビル」の2階にコンピューター対戦ゲーム「eスポーツ」を核とした施設を設け、にぎわいづくりを目指す。

カーレースゲーム用の4席と大画面モニターを備えたeスポーツエリアに加え、eコマース(電子商取引)の動画撮影に使うブースを設ける。サッカーJ2水戸ホーリーホックの公式グッズ販売店も併設する。アプリシエイトは拠点開設にあわせ、社内組織のプロeスポーツチーム「AREA310 e-sports」を発足させる。

同市は丸井水戸店が2018年に撤退した「マイムビル」を含め、中心市街地で事業所や商業施設の誘致を進めている。22日の式典には茨城県の大井川和彦知事、高橋靖市長らも出席予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン