/

長野のシナノケンシ、製造業向け搬送ロボット開発

精密モーターのシナノケンシ(長野県上田市)は製造業の工場向けに自律走行する搬送ロボットの試験販売を始めた。システム上に作成した工場内の地図に目的地を指定すると、ロボットが最短ルートで部品などを搬送する。まずは10台の販売を通じて、2022年度中に計画する量産化につなげる。

シナノケンシの搬送ロボットは小回りがきき、工場内で使いやすい

工場内の地図は搭載したカメラやレーザーを使って、ロボットが移動しながら自動で作成する。地図を作った後は目的地を指定すれば、ロボットが稼働する仕組み。人がいる場合などは、一時停止して障害物を回避する新たなルートで目的地を目指す。ロボットの動きは付属のタブレットで操作できるほか、ロボットのカメラにQRコードを読み込ませることで指示することも可能だ。

製造業向けに開発するにあたって狭い工場内でも小回りの動きができるようにしており、「多品種少量生産の中規模の工場でも使いやすい」(金子行宏常務)。業種を絞り込んだ製品にすることで、同業他社との違いを打ち出す方針だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン