/

この記事は会員限定です

静岡空港、AI顔認証で旅行商品開発 大井川鉄道などと

[有料会員限定]

静岡空港(静岡県牧之原市)を軸に、大井川流域を中心とする広域観光事業が始まる。空港や近隣の商業施設、駅に人工知能(AI)で顧客の属性を調べる顔認証を導入し、分析したデータを基に2022年度に旅行商品を検討する。鉄道会社なども参加する。空港と周辺施設を結ぶ移動手段の増便やアウトレットの空港出店なども進め、地域の周遊を増やしにぎわいを創出する。

19年4月に三菱地所・東急グループが運営を始めた静岡空...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1134文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン