/

前橋市の遊歩道レンガに刻む名前、定数到達で募集枠拡大

前橋市のまちづくりを推進する民間団体の前橋デザインコミッション(MDC)が遊歩道に敷き詰めるレンガに入れる名前を募集したところ、募集最終日を待たずして約500個の定数に達した。

MDCが前橋市と実施している「前橋レンガ・プロジェクト」では、2022年春の完成を目指して市が整備する遊歩道に希望者の名前などを入れたレンガを敷き詰める。

希望者を15日まで募ったところ、定数としていた約500個に達した。このためMDCでは22日まで期間を延長して申し込みを受け付ける。追加募集に際しては新たな定数を設けないとしている。

費用は1個あたり3000円。申し込みはMDCのホームページ上で受け付けている。前橋中央通り商店街にあるMDCの事務所でも平日の午前10時から午後4時まで受け付けている(7~15日は夏季休業予定)。

市はにぎわいづくりなどを目的に、中心市街地を流れる広瀬川の河畔緑地を再整備している。遊歩道は、観光スポットの一つである前橋文学館周辺の約420メートルに整備する。うち200メートル程度に名前を入れたレンガを敷き詰める。

レンガには通し番号のほか、アルファベットで名前と住所を刻み入れる。名前は姓・名が原則(半角英字20文字以内)で、住所は市町村名・国名を原則(同)とする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン