/

この記事は会員限定です

八十二銀・松下新頭取、気候変動など経営の「メインに」

[有料会員限定]

八十二銀行は新頭取に松下正樹氏が就任した。2日までに日本経済新聞の取材に応じ、今後は気候変動問題などへの対応が経営の「メインになる」と話した。世界では国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」などの意識が高まる。同行としても環境や地域のサステナビリティー(持続可能性)を意識した取り組みを加速していく。

同行は6月下旬、中長期の経営方針として「中期経営ビジョン2021」を公表した。5つのテーマを打ち出し、中心に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り957文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン