/

この記事は会員限定です

農地減少、首都圏・西日本で厳しく 農業白書読み解き

白書にみる地域再生 食料・農業・農村編(上)

[有料会員限定]

2021年度食料・農業・農村白書を読み解き、農地面積の減少や農村人口の高齢化など地域再生に向けた課題を探る。

21年の国内農地面積(耕作地のみ)は435万㌶と、九州とほぼ同じ大きさだ。1962年以降60年間減り続け、3割少なくなった。白書は21年の農地面積を都道府県別に05年と比較している。

最も減少したのは東京都で23.1%減だった。減少率は全国平均(7.3%)の3倍だ。神奈川県(13.7%)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り449文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません