/

この記事は会員限定です

物価高がスーパー銭湯直撃 北陸で第2の収益源探る動き

[有料会員限定]

スーパー銭湯を物価高が直撃している。湯を沸かす燃料価格を筆頭に、シャンプーや炭酸泉用のボンベなどあらゆる資材の値上がりが響き、入浴料を改定する動きが相次ぐ。とはいえ、風呂は庶民の癒やしの場。料金負担が重すぎると、常連客が遠のきかねない。各社とも第2の収益源の育成やコスト削減など経営改革に取り組んでいる。

北陸でスーパー銭湯「満天の湯」を4店運営するマンテンホテル(富山市)は8月1日、会員の入浴料...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1232文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン