/

3回目接種前倒しも必要 知事会・医師会長が一致

全国知事会の平井伸治会長(鳥取県知事)は2日、新型コロナウイルス対策を巡り日本医師会の中川俊男会長とオンライン協議し、ワクチンの3回目接種前倒しも必要との認識で一致した。早期のワクチン供給やスケジュールの明示なども連携して国に働きかけていくことも確認した。

平井氏は「ある程度(3回目接種時期の)前倒しも必要だ。(新たな変異ウイルスの)オミクロン型と立ち向かえる体制づくりを急ぎたい」と強調。中川氏も「接種体制が整った自治体から前倒しで接種することも必要だ」と応じた。

政府は2回目からの接種間隔を「原則8カ月」としているが、例外的に認める「6カ月」の対象範囲の拡大を検討している。平井氏は「(政府は)例外運用の考え方をできるだけ早く示してほしい」とも指摘した。

協議には国民運動本部の村井嘉浩本部長(宮城県知事)や日本医師会の今村聡副会長らも参加。知事会は今年9月に国民運動本部を新設し、医師会や経済団体など各種団体との連携強化を図っている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン