/

この記事は会員限定です

森林保全へCO2排出枠購入 諸岡、茨城・石岡の団体から

[有料会員限定]

建設・農業機械などを製造する諸岡(茨城県龍ケ崎市)は、生産活動で生じた二酸化炭素(CO2)を森林保全などで相殺する「カーボンオフセット」を活用する。同県石岡市の民間団体が発行する国の排出枠「Jクレジット」を100㌧分購入した。社員の意識啓発を含め、環境に配慮した経営推進につなげる。

森林所有者らが組織する石岡市森林カーボンオフセット協議会から100万円で購入した。2日に本社で県産ケヤキ材を使った感...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り493文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン