/

この記事は会員限定です

東京電力、柏崎刈羽原子力発電所向け人員・投資強化

[有料会員限定]

東京電力ホールディングスが柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)に経営資源を積極投入している。本社原子力部門の同県柏崎市への一部移転では2026年度までに約300人を異動させる。25年度までに核物質防護設備の強化費用として約580億円を投じる計画だ。

柏崎刈羽原発では21年に他人のIDカードで中央制御室に侵入した事例が発覚。不審者侵入を検知する装置の不具合に適切に対処していなかったことも明らかになり、原...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り959文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

電力不足

電力需給の逼迫で夏と冬の電力不足が懸念されています。最新ニュースや解説をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン