/

この記事は会員限定です

クルーズ船受け入れ再開 新潟県、1年8カ月ぶり

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で中止となっていた新潟県の港へのクルーズ船寄港が約1年8カ月ぶりに再開した。大型客船「ぱしふぃっくびいなす」が7月31日、佐渡市の小木港北ふ頭2号岸壁に入港した。県によると、9月にも3回のクルーズ船寄港が予定されているという。

「ぱしふぃっくびいなす」は日本クルーズ客船(大阪市)が運航。乗客定員は620人だが、コロナ対策で定員の5割を上限に運航。今回は、乗客約210人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り237文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン