/

この記事は会員限定です

外国人多い市町、コロナ禍で多言語対応推進 生活を支援

日経グローカル調査

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大の中、居住外国人が多い自治体が様々な生活支援に取り組んでいる。「日経グローカル」がベトナム人などの住民が多い市町に調査したところ、ワクチン接種時の多言語予約を実施したところは回答した市町の80%、接種会場での通訳配置も60%に達した。日常生活に必要な通訳や相談員を拡充したところも半数あった。コロナ禍を機に、日本語がよく分からなかったり、地域情報の入手が難しかったりする外...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1752文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン