/

この記事は会員限定です

北信越の伝統工芸士、刃物や陶磁器で増加 育成に力

[有料会員限定]

全国の人口に占める北信越の比率は6%程度だが、伝統工芸士は約2割にあたる774人が集中する。人数の多さは、各地に多様な伝統的工芸品と豊富な人材が存在することを示す。刃物や陶磁器、漆器など、伝統工芸士がここ5年間で増加した例もある。地域が人材育成や情報発信に取り組みながら、技を継承している。

伝統的工芸品が16品目にのぼり、東京都、京都府に次いで多い新潟県。その一つが越後三条打刃物だ。閑散期の農家...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1267文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン