/

この記事は会員限定です

衛星の断熱技術で小型保冷容器 JAXA発ツインカプセラ

Bizブックマーク

[有料会員限定]

宇宙航空研究開発機構(JAXA)発ベンチャーのツインカプセラ(茨城県つくば市)は、宇宙から地球に再突入する衛星カプセルの超断熱保冷技術を使って小型保冷容器を開発した。電源なしで長時間保冷でき、医薬品輸送などに活用できる。宮崎和宏CEO(最高経営責任者)は、「宇宙空間で培った最先端技術を地上に還元し、役立てたい」と意気込む。

保冷容器は、直径約13センチメートル、高さ約25センチ。2つの魔法瓶を組...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り896文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン