/

1万円未満の預金口座解約、押印不要に 秋田県信組

秋田県信用組合(秋田市)は残高が1万円未満の預金口座を解約する場合の手続きで印鑑を不要にした。本人が来店し、通帳のほか、運転免許証など本人確認できる書類があれば押印なしで手続きできる。解約手続きを簡単にして顧客の負担を軽くする。

個人や個人事業主が保有する残高1万円未満の普通、貯蓄、納税準備の各預金口座が対象。これまでは残高にかかわらず通帳と印鑑がないと、即日で解約手続きできない場合があった。今後は残高が1万円未満であれば、印鑑がなくても必要な書類の確認だけで解約できる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン