/

この記事は会員限定です

電子契約、首都圏の自治体に広がる DXの目玉に

#ハッシュタグ

[有料会員限定]

首都圏の自治体が電子契約の導入に本腰を入れ始めた。第三者が介在して契約を仲介する方式や、複数の電子化サービスを検証・導入するなどし、行政手続きのデジタルトランスフォーメーション(DX)化の目玉に位置づける。行政や事業者の利便性向上を狙うが、契約相手のDX対応も求められるため、全面導入には課題もある。

埼玉県は4月から、立会人方式の電子契約を試験的に始めた。県と業者による契約を電子化し、弁護士ドットコム

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1232文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン