/

この記事は会員限定です

5G電子基板、中空シリカで高性能に 高松の協和化学

[有料会員限定]

工業材料、医薬品メーカーの協和化学工業(高松市)は、高速通信規格「5G」の次世代版に対応する通信機器の性能向上に欠かせない新しい電子基板材料を開発した。高速化で電波の周波数を上げると、基板の電気特性の影響で信号が伝わりにくくなるなど性能低下につながるが、新材料を使えば5G高速化の課題を克服できる可能性がある。顧客に新材料のサンプルを提供して実用化を急ぐ。

開発したのは「中空シリカ」と呼ばれる材料...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り976文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン