/

国産木材の需要拡大を国へ要請  東京都の小池知事

全国知事会の国産木材活用プロジェクトチームのリーダーを務める東京都の小池百合子知事は2日、末松信介文部科学相と金子原二郎農林水産相と面会し、木材の需要拡大に向けた提言を手渡した。

提言では、ウクライナ情勢の悪化による木材の供給不足の懸念に触れ、「国産木材の供給能力を速やかに高めるとともに、需要拡大を図る」ことの必要性を明記した。建築物の木造・木質化の推進や建築士の育成、外国産から国産への転換促進を盛り込んだ。

小池知事は金子農水相との面会時に「経済性を持たせるために(国産木材の)需要を高める必要がある」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン