/

北陸鉄道系が電子乗車券システム 利用分析機能も搭載

北陸鉄道(金沢市)のグループ会社、ホクリクコム(同)はスマートフォンで1日フリー乗車券などの乗車券を購入、利用できる電子乗車券システムを開発した。インストールの手間を省くことができるウェブアプリを採用したほか、購入者の利用状況を地図で可視化する利用分析機能を備えた。キャッシュレス化や非対面販売の需要を掘り起こすのが狙い。

主に中小の鉄道・バスの事業者向けに販売する。事業者の管理画面で購入者の実績集計や利用統計分析などができる。電子乗車券の購入者は降車時にスマホの画面を乗務員らに見せるが、その際、全地球測位システム(GPS)の情報を取得、地図上で利用が多い駅やバス停が分かる。利用分析は路線や本数の見直しの参考資料になる。

交通事業者の要望に応じでシステムをつくるため、価格は変動する。第1弾として、金沢市や交通事業者などでつくる金沢MaaSコンソーシアムにシステムを提供した。「のりまっし金沢」として市内のバスと北陸鉄道の鉄道線のフリー乗車券のサービスが始まった。

全国的にフリー乗車券を持つ鉄道、バスの事業者は多いものの、駅員がいる駅など購入場所が限られるケースが目立つ。ホクリクコムは「電子乗車券は顧客の利便性向上と販売業務の効率化につながる」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン