/

この記事は会員限定です

農業産出額、中四国1位は岡山市 独自品種で安定需要

データで読む地域再生

[有料会員限定]

中四国では気候や地形の特長を生かし農業から畜産業まで産地がしのぎを削る。2019年の農業産出額で中四国1位の岡山県や、かんきつ王国の愛媛県では産地に適した独自の品種や地形を生かした「適地適作」で高付加価値の果物栽培に力を入れる。14年からの増加率で中四国2位の鳥取市は和牛のブランド化が追い風に。担い手不足などが課題となる中稼げる産地作りを進める。

データで読む地域再生

市町村別で19年の農業産出額が中四国1位だったのは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1392文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン