/

この記事は会員限定です

越前がに・ひみ寒ぶりに挑戦状 石川に新名物

[有料会員限定]

北陸の冬の味覚の代表といえば、富山県の「ひみ寒ぶり」と福井県の「越前がに」だ。全国的に知名度が高く、冬の重要な観光資源でもある。その両横綱に挑んでいるのが、福井と富山の中間にある石川県の漁業界だ。今冬、ブリとカニの新ブランドを創設。国内最難関の基準を設け、トップブランドを育てる。

ひみ寒ぶりとは、真冬の富山湾の定置網でとれる、丸々太ったブリのこと。1匹6キログラム以上あることが多く、日本海の荒波...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1402文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン