/

この記事は会員限定です

岩手、コロナ禍逆手に修学旅行誘致 震災学習も後押し

データで読む地域再生 東北

[有料会員限定]

東北地方では、2020年度の修学旅行先としての全国シェアが各県とも上昇し、東日本大震災被災地の3県で伸びが目立った。特に岩手県は3.5%となり、10位に躍進。新型コロナウイルスの患者が少なく感染リスクが比較的低いうえ、震災の教訓を学べるなど修学旅行先に向いているとして誘致に力を入れたことが奏功した形だ。

「この列車に乗って震災の地震や津波について知るとともに、今後災害が起きた時に自分がどう行動す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1393文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

データで読む地域再生

「データで読む地域再生」では、政府や自治体、民間の統計を日本経済新聞が独自に分析し、様々な課題の解決に取り組む地域の姿に迫ります。自治体や企業の取り組み事例も交え、人口減少や観光振興、ものづくりなど、様々なテーマを取り上げます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン