/

鉄道廃止、バス事業者99%赤字 交通政策白書まとめ読み

地方の公共交通の経営がより厳しくなっています。長く続く地方の人口減により輸送人員が減っているところに、新型コロナウイルス禍が重なりました。鉄道会社は線区ごとの厳しい経営状態を公開し、鉄道のあり方について沿線自治体を巻き込んで議論を始めています。地方では自家用車を使った移動が増え、バス事業者の99%が赤字となりました。2022年版交通政策白書を読み解き、地方交通網の現状を探りました。

地方鉄道の廃止、高水準で続く懸念も

地方の自動車依存に拍車 自家用車への支出増加

バス利用者の減少率に地域差、福島県69% 長崎県9%

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン