/

水戸市がワクチン接種の啓発動画 スポーツ選手ら出演

新型コロナウイルスのワクチン接種を進めるため、水戸市は啓発動画の公開を始めた。市に縁のあるスポーツ選手らが接種理由を語るほか、医師が知識を伝えることで若者らの不安を和らげる。妊婦への優先接種や18~29歳の予約枠追加も発表した。

啓発動画は「だから私は接種しました」を決め言葉にスポーツ選手や学生、保育士や消防士が接種を受けた理由を語る。東京五輪フェンシング男子フルーレ団体日本代表の永野雄大選手、サッカーの水戸ホーリーホック選手やバスケットボールの茨城ロボッツ選手、地元出身のシンガーソングライターである磯山純さんが出演している。

このほか水戸協同病院の副院長、小林裕幸医師がワクチンの効果や副作用を解説する。市の公式動画サイトチャンネルで1日から公開中。市役所本庁舎や市中心部の「まちなか・スポーツ・にぎわい広場(M-SPO)」でも2日に配信を始めた。

妊婦向けの優先接種は3日から予約を受け付ける。1回目は11~30日、2回目は3週間後に見川町の市大規模接種会場など4カ所で行う。日程は会場によって異なる。

18~29歳の追加予約は8日から受け付ける。商業施設「水戸オーパ」で1回目は9月23日~10月12日、2回目は3週間後に各9回、120人ずつ接種する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン