/

この記事は会員限定です

茨城・五霞町など独自策、マイナカード普及後押し

データで読む地域再生 関東・山梨

[有料会員限定]

関東1都6県と山梨県の自治体でマイナンバーカード普及率が5月時点で最も高かったのは茨城県五霞町の53.4%で、全国でも8番目となった。小規模の自治体ならではの独自の取り組みが普及率アップにつながった。一方、東京都中央区は受け取りを予約不要としたことで42.5%と関東・山梨で2番目になった。

データで読む地域再生

茨城県五霞町は町役場の窓口でマイナカードの申請手続きを代行した。通常、15~20分かかるところを「申請5分、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1210文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン