/

茨城の大洗水族館、2カ月ぶり再開 シロワニ幼魚公開へ

緊急事態宣言の解除を受け、茨城県大洗町のアクアワールド県大洗水族館が営業を再開した。8月6日から臨時休業してきた同施設の再開は約2カ月ぶり。希少なサメの一種「シロワニ」の赤ちゃん公開に先立ち、開館20周年の企画展「超サメ展」も始めた。

1日は台風に見舞われたが2、3日はサメやマンボウの展示、イルカとアシカのショーなどを楽しむ家族客らがみられた。1日に訪れたつくば市の40歳主婦は「子供にイルカショーをみせたかった。メンテナンスも行き届いており施設の方に感謝したい」と話した。

同館では絶滅の恐れがあるとして環境省の「海洋生物レッドリスト」に指定されたシロワニの赤ちゃんが6月に生まれた。10月12日からの一般公開に先立ち、超サメ展では世界でも例の少ない繁殖成功までの軌跡を紹介。謎解きゲームでサメの生態を学べる企画のほか、サメに直接エサをあげられるツアー(1人1000円)も人数限定で催している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン