/

銭湯×アート、魅力や文化を発信 東京都など

八幡湯では古代ギリシャの風景などを描いたペンキ絵が見ることができる(渋谷区)

東京都と公益財団法人の東京都歴史文化財団は、銭湯の魅力や文化を発信するためのイベントを都内で開いている。銭湯浴室の壁面に有名漫画家らによるアートが描かれるほか、スタンプラリーを実施している。新型コロナウイルス禍のなか、動画なども交えて広く発信する。

壁一面に描かれる古代のギリシャの風景や神話の女神――。東京都渋谷区の銭湯「八幡湯」では「テルマエ・ロマエ」などで知られる漫画家ヤマザキマリさんの原画を基にしたペンキ絵を見ることができる。

都公衆浴場業生活衛生同業組合と連携し、八幡湯など4カ所の銭湯でペンキ絵やプロジェクションマッピングといったアートを展示。また同組合に加盟する銭湯約500カ所でオリジナル手拭いなどがもらえるスタンプラリーも実施している。

もともと2020年に訪日外国人らに向けて開催する予定だったが、新型コロナの影響で1年延期した。今年は国内客らに向けて9月5日まで開かれる。グループでの来店をしないよう呼びかけるなど感染対策に取り組むほか、アートを展示する4カ所の浴室を360度撮影した動画を公式サイトにアップする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン