/

この記事は会員限定です

埼玉・行田市、花手水が映す新しい観光

点照

[有料会員限定]

埼玉県の観光地で川越や秩父を挙げる人はいても、すぐに行田を思い浮かべる人は多くないだろう。その行田市の中心市街地が2020年秋から新型コロナウイルス禍前を上回る観光客でにぎわう。しかも「密」になりにくい。コロナ禍の中、ある神社が始めた「花手水(はなちょうず)」がきっかけとなった。

いまの花手水は神社参拝の前に手や口をすすぐ手水舎などに花を浮かべたものを指す。行田八幡神社では20年4月に感染対策で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り768文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン