/

この記事は会員限定です

ラグビー静岡ブルーレヴズ・山谷氏、逆境も前進あるのみ

静岡きらり人財

[有料会員限定]

「『シズオカ・ショック』のおかげで、ラグビーに対してポジティブな印象を抱いている経営者が多い」

ヤマハ発動機が6月に設立したプロラグビークラブ「静岡ブルーレヴズ」(静岡県磐田市)。社長に就任した山谷拓志氏(51)は2019年に国内で開催したラグビーワールドカップ(W杯)の影響を実感した。日本代表が県内で優勝候補のアイルランド代表に勝利し「SHIZUOKA SHOCK」の文字が海外メディアに掲載され...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り963文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン