/

移住支援のフロムトゥ、地方起業家に協業先紹介 浜松で

移住支援のFromTo(フロムトゥ、東京・新宿)は、地方で事業展開したい起業家に現地の協業相手を紹介するサービスを浜松市で始める。起業家を企業や行政、金融機関の関係者らと引き合わせ、顧客の商品・サービス開発や販路開拓に役立てる。6月から浜松市で試験的に始め、年内に政令指定都市を中心に全国にサービスを広げたい考えだ。

サービス名は「flato yotte(ふらっとよって)」(仮称)。利用者は登録すれば、フロムトゥが提携する「コネクター」と呼ぶ仲介者とオンラインで面談を受けられる。仲介者は利用者のニーズに沿った現地の人材を見つけ、利用者が視察などで現地に来たときにその場で両者をつなぐ。フロムトゥは手数料3万円を利用者から受け取る。

浜松市ではまず30日まで申し込みを受け付ける。同市に移住したフロムトゥの宮城浩社長が自らコネクターを務める。宮城社長は「顧客は効率よく人脈を形成できる」と話す。コロナ禍を背景に地方に目を向ける起業家は増えているといい、今後の需要拡大を見込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン