/

マツダ、タイとメキシコの工場を一時停止 半導体不足で

マツダは世界的な半導体不足に伴い、12月にタイ工場の稼働を約5日間、メキシコ工場を約2日間止めると明らかにした。東南アジアでの新型コロナウイルス感染拡大を受けて、部品調達が難しくなることも響く。具体的な操業停止日や減産台数は非開示としている。

マツダは同じ理由で11月にもタイ工場の操業を5日間、メキシコ工場を8日間止めていた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン