/

第四北越銀行が通帳発行手数料 8月から、個人1100円

第四北越フィナンシャルグループ傘下の第四北越銀行は1日、通帳発行手数料を新設すると発表した。8月1日から個人客が新たに開設する普通預金口座が対象。新規開設時や通帳繰越時に、1冊1100円(税込み)の手数料を徴収する。スマートフォンで口座残高や入出金明細を最大10年分確認できる手数料無料の通帳アプリの利用を促す。

サービスのデジタル化を進め顧客の利便性を高めるとともに、ペーパーレス化を進め環境負荷を低減する狙い。

対象となるのは通帳発行や繰越時に18歳以上70歳未満の個人。法人・個人事業主の口座、教育資金一括贈与口座やジュニアNISA口座などの専用口座、成年被後見人、相続財産管理人などの口座は対象外となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン