/

神奈川知事「機敏に対応」変異型の濃厚接触者初確認

神奈川県の黒岩祐治知事は1日、新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」患者の濃厚接触者が県内で初確認されたことを受け、「情報をしっかり見ながら機敏に対応していきたい。国としっかり連携をとりながらやっていきたい」と強調した。濃厚接触者は県内在住の8人で全員が無症状だが、自宅待機中の人には県の宿泊療養施設への滞在を要請して健康観察を徹底する。

1日、県庁内で記者団の質問に答えた。黒岩知事は濃厚接触者の判明に「恐れていたことが現実になってきた」と述べつつ、「政府も早い対応をとった。いまここで(感染拡大を)抑えることは大事だが、冷静に見ていただきたい」と語り、県民には感染対策の徹底を求めた。

県によると、8人は国内初確認の変異型患者の濃厚接触者で、全員が同じ航空機に搭乗した。1人は検疫所の施設に滞在し、残る7人は自宅待機中という。7人は今後、宿泊療養施設で現在は入所者がいない湘南国際村センター(葉山町)に滞在してもらう方針で、新型コロナの陽性が確認された場合は無症状でも入院してもらうという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン