/

この記事は会員限定です

香川県が渇水対策本部、早明浦ダム取水制限強化に対応

[有料会員限定]

香川県は1日、渇水対策本部を設置し、初会議を開催した。吉野川水系から香川用水への水の供給量が2日午前9時から50%削減される第3次取水制限に伴う対応で、影響を最小限にとどめるために県内の調整池である宝山湖からの取水を開始するほか、試験的に水をためている椛川(かばがわ)ダムを活用することなどを決めた。

香川県内を潤す香川用水は「四国の水がめ」と言われる早明浦ダム(高知県)に依存...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り187文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン