/

縄文遺跡巡るスタンプラリー 世界遺産登録1周年記念

青森県の三内丸山遺跡センター(青森市)は「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産登録1周年を記念し、スタンプラリーを始めた。県内にある8エリアの遺跡・関連施設を巡りスタンプを集めると、抽選でホタテやリンゴジュースなどの同県の特産品が贈呈される。期間は10月31日まで。

対象は三内丸山遺跡(青森市)、亀ケ岡石器時代遺跡(つがる市)、是川石器時代遺跡(八戸市)、大森勝山遺跡(弘前市)など。全地球測位システム(GPS)機能付きスマートフォンなどを使ってスタンプを集める。1エリア分のスタンプから応募できる。

北海道、青森、岩手、秋田にまたがる17遺跡が縄文遺跡群として2021年7月に世界遺産登録された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン