/

この記事は会員限定です

クニヒロ、カキの輸出拡大 衛生管理強みに需要開拓

[有料会員限定]

カキの加工販売を手がけるクニヒロ(広島県尾道市)は欧州など海外への販売を強化する。輸出拡大に向けて新工場を立ち上げ、輸出額を現在の4倍に引き上げる。徹底した衛生管理による安全性を強みに、生食や加工用の需要を開拓する。日本のカキの味を世界に広めていく。

クニヒロは水産業者からカキを仕入れて生食や加熱用に加工して販売する。同社のカキの出荷量は全国でトップクラスとされており、地元の広島だけでなく国内の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り998文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン