/

この記事は会員限定です

高知に地理の奇跡 「地球33番地」

気になるスポット

[有料会員限定]

東経133度33分33秒、北緯33度33分33秒――。南国土佐の高知市に、経度・緯度の度、分、秒に3の数字が12個も並ぶ地点がある。その名も「地球33番地」。

その地点は市中心部を流れる江ノ口川の中にある。桟橋にある地球儀のような造形物が目印だ。対岸にはその地点を「顕彰」する塔も建つ。

市の担当者は言う。「経緯度で0が12個並ぶのはインドネシアのスマトラ島のジャングル、『2並び』はリビアのサハラ砂...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り379文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン