/

この記事は会員限定です

埼玉・越谷の伝統工芸に新風 花房茂さん

ひと彩たま

[有料会員限定]

埼玉県越谷市は江戸時代から日光街道の宿場町として栄え、だるまやひな人形など多くの伝統工芸品の産地でもある。だが、どれも生産量では日本一とはいえず、アピール力が弱いとの声がある。市内でデザイン事務所のハナブサデザインを経営する花房茂代表はアートの視点から伝統工芸に新風を吹き込み、越谷の魅力の発信につなげている。

「いま一番人気は越谷だるまを歌舞伎のくま取りで化粧した作品。ほかに英字新聞や千代紙を貼...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り660文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン