/

広島・八丁堀に新高層ビル3棟 28年度完成へ

新たに建てる3棟の高層ビルの完成イメージ

広島市中心部の再開発地区の地権者でつくる「広島八丁堀3・7地区市街地再開発準備組合」は1日、新しい再開発計画を発表した。2028年度にオフィスや住宅が入る高層ビルを新たに3棟完成させる見込みで、市中心部のさらなる活性化につなげる。

事業費は300億~400億円程度。市内では広島駅南口の再開発やサッカースタジアムの移転計画も進んでおり、街の様相が大きく変わりそうだ。

対象のエリアは広島電鉄の電停「立町駅」の北側で、約1.2ヘクタールの土地。現在は広島YMCAの建物や銀行の支店など9棟がある。

計画では現在の建物を解体し、新たなビルを建てる。着工は23年度の予定。新たな3棟は地上15~28階建てで、高さ70~93メートルとなる。オフィスビルやマンション、商業施設などにする。事業費は完成後に入居者・企業などにフロアを売却する資金のほか、国などの補助金でまかなう。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン