/

小池都知事が公務復帰 会議にリモートで参加

過労で静養していた東京都の小池百合子知事が1日、公務に復帰した。都内の新型コロナウイルスの感染状況を評価するモニタリング会議にリモートで参加した。小池氏は「多くの方々にご心配をかけ、大変申し訳ありません」と述べた。都内の感染状況は悪化しており、人の流れの抑制に取り組む考えを示した。

小池氏は6月22日に過労が原因で都内の病院に入院し、6月30日午前に退院していた。医師の判断で1日からテレワークで公務に復帰。モニタリング会議では「急激な感染拡大が危惧されている」としたうえで、不要不急の外出自粛やマスクの着用など、基本的な感染予防の徹底を改めて都民に呼びかけた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン