/

この記事は会員限定です

広島の日本酒「千福」メーカー、ウイスキーに参入

[有料会員限定]

日本酒「千福」で知られる三宅本店(広島県呉市)はウイスキーの製造・販売に乗り出す。約1億円を投じて蒸留器や熟成用のたるをそろえ、2024年に出荷を始める。主力の日本酒はアルコール飲料の多様化や客層の高齢化などで先細りが避けられない。生き残りに向けて売上構成を一新し、25年に全体の収入のうち4分の1を占める柱の一つに育てる。

本社工場内で使っていなかった建屋を改築し、ウイスキーの製造拠点にする。原...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1003文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン