/

この記事は会員限定です

広島・庄原市、芸備線など無人駅に 市民「駅長」配置へ

[有料会員限定]

広島県庄原市は今秋にも、市内にあるJR芸備線・木次線の全15駅に駅舎の掃除や植栽管理などを担うボランティアの「駅長」を置く。地元の自治会などから選び、路線に対する市民参画を促す。今後JR西日本と協議する。利用者の減少から存続が危ぶまれるローカル線の維持につなげる。

9月議会に提出する補正予算案に、他の利用促進策などを含めてJR関連で1500万円強を盛り込んだ。庄原市内には芸備線の駅が14カ所、木次線の駅が1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り338文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン